MTOグループの業務内容


MTOグループは、以下の三つの強みがあります。私たちは強みを活かし、お客様のビジネスをマネジメントさせていただきます。

MTOグループの「3つ」の強み

  • 税務を中心に、社労業務や経営審査業務などをワンストップサービスでお客様に提供出来る(労使トラブル、助成金等に強い特定社会保険労務士も在籍)。必要に応じて、司法書士や弁護士の紹介も可能(ワンストップサービスとは、1つの場所で様々なサービスを提供出来る環境の事。)
  • 「MTO税理士法人」は「経営革新等認定支援機関」です。(銀行の融資などに関して有利になる可能性が高い。日本政策金融公庫‥国金、西日本シティ銀行、福岡銀行、田川信用金庫)
  • 資産税・法人税・所得税の専門税理士が3名在籍(税法は、その種類ごとに法律があるため、複雑で難解です。3名の税理士が、それぞれの専門分野からアドバイス。)(これらは複雑で、節税の部分で差が出やすい。)

お客様の状況をしっかりと把握し、プロの目線で最適な環境をご提供させていただきます。

MTOグループのできること|業務内容について

「一貫性」「コスト」「連携」全ての面において、ワンストップサービスで提供出来るMTOグループは、お客様の事業の発達を最大限に陰で支えることができると自負しています。

MTOグループのサービスは以下の様になります。

  • 税理士業務
  • 社労士業務
  • 行政書士業務
  • 保険代理店業務
  • 新規事業開拓時の支援
  • 個人→法人成の支援
  • セカンドライフ支援

下記に詳しく説明します。分からないところはご遠慮なくご質問ください。

顧問税理士業務|個人・法人の記帳指導、税務申告

この様な方にオススメ

  • 数字の見方、現状を把握して、経営のアドバイスをして欲しい
  • 目的に合わせた節税対策を提案して欲しい
  • 税務調査の連絡があったが、どのように対応して良いのかが分からない
  • 事業に専念したい、営業に専念したいので、経理関係は任せたい
  • 帳簿の付け方をアドバイスして欲しい

MTOグループの顧問税理士業務は、「毎月数度の訪問」「年間数回の訪問」「決算時のみの訪問」等、お客様のご希望による様々な契約形態を取り、コミュニケーションを取りながら、記帳の指導、又は記帳代行、試算表の作成などを行い、年に一度、税務申告をします。

単なる記帳の代行にとどまらず、各種専門分野の税理士が、節税のアドバイス、経費等についてのアドバイスを行っています。

節税対策をはじめ、税務監査、決算の予測、その他の経営相談等、経営者様が持たれている共通の悩みをしっかりと解決できるよう、サービスを提供しています。

「現状維持は後退である」の考えのもと、現状の分析だけではなく、常に未来の予測を考えながら、様々なアドバイスを行えるよう日々努力しています。

事業をされている方は、1人でいろいろな悩みを抱えていると思います。

私たちMTOグループは、「ただの税理士事務所」ではなく、そのような社長の「アドバイザー」「相談役」「パートナー」の立ち位置で支えていきたいと考えています。経営に関するどんな悩みでも遠慮なくご相談ください。

お客様の事業の安定した経営、未来の発展には、「業務に集中できる環境作り」が必要です

私たちMTOグループの「MTO税理士法人」は、平成25年に「経営革新等認定支援機関」として認定されました。中長期の事業計画を立て、お客様の会社を黒字化することが任務だと考えています。

財務面から現状の経営状況を分析し、事業計画書の策定、事業計画を実行します。税務のプロによる「タイムリーな経営数字の把握とアドバイス」、「事業計画の策定」をお手伝いします。

※経営革新等認定支援機関としての業務に関しては、月額顧問料とは別に費用がかかります。

経営革新等認定支援機関としての業務例

  • 生産性向上特別措置法による支援
  • ものづくり・商業・サービス生産性向上促進補助金
  • 中業企業経営力強化資金

社労士業務|松尾社会保険労務士事務所の業務内容

社労務士業務については、下記のページに詳しく書いています。

>>社労士業務|松尾社会保険労務士事務所の業務内容はコチラ

行政書士業務|松尾行政書士事務所

役所に提出する書類は役員変更届など様々な種類があります。

また、軽微な建設工事を除いて、建設業の許可を申請しなければなりません。

私たちMTOグループの「松尾行政書士事務所」は、お客様に必要な書類の作成、アドバイスなどを提供できます。お客様が事業に専念していただける環境を作ります。

建設業の各種書類の申請もMTOグループにおまかせください

建設業の許可や申請は、知識の少ない人間が行うと、資料不足などで何度も官庁に足を運ばなければいけないハメになります。

「経費を削減することばかり考えて、自分たちで許可証を作り、何度も役所に足を運ぶ・・その時間が莫大にかかり、本来の仕事の時間が取れなくなった・・」これでは本末転倒です。

無駄な時間を作らないためにも、しっかりとプロの行政書士に依頼することをおすすめします。このような部分をワンストップでできるのもMTOグループの強みです。

申請書類の一例

  • 会社設立
  • 建設業許可
  • 決算変更届
  • 指名願・インターネット受付
  • 農地法関係
  • 産業廃棄物許可関係
  • その他申請書・契約書の作成など

松尾保険代理店(マツオインシュアランス)

保険代理店は、経営者の方、経営者の家族の方を守る仕事です。

MTOグループの松尾保険代理店は、お客様の経営状況に即した適切な保険商品のご提案・現在ご加入の保険の見直し業務を行っております。

もし経営者が病気になったら…なくなったら…家族や従業員の保証はどの様になるでしょうか?

MTOグループは「転ばぬ先の杖」として、お客様に最適な保険を提案させていただいています。

事業の財務体質強化のことを考え、お客様にとって有利な保険商品のご提案、また、現在ご加入されている保険の見直しなどもさせていただいています。

その他にも、事業継承問題なども視野に入れ、永続的に企業が発展していけるよう、企業経営のための保険の活用の仕方についても積極的に提案させていただいています。

保険代理店一覧
  • 大同生命保険株式会社
  • 日本生命保険相互会社
  • ひまわり生命(損保ジャパン)
  • AIG損害保険株式会社
  • 東京海上日動火災保険会社

MTOグループのワンストップサービス

上記の私たちの技術を最大限に活かし、ワンストップならではの「コストパフォーマンス」「サービス」を提供させていただきます。

通常の税務業務だけではなく、新規開業支援、セカンドライフ起業支援等、お客様のご希望に添えるアドバイスをさせていただいています。

新規開業支援|個人→法人成|セカンドライフ起業支援

この様な方にオススメ

  • 定年退職をしたので、事業に挑戦してみたいと思っている
  • 会社を設立したい、独立したい、開業したいけど、何から始めているのかわからない
  • 会社を設立する際に必要な書類、助成金など、様々な情報を知りたい
  • 起業したいが、お金の借り方のアドバイスをして欲しい
  • 個人事業から法人成にしたい。また、法人成のタイミングなのかどうか?についてもアドバイスをして欲しい
  • 法人として始めるべきか?個人として始めるべきか?等よくわかっていない

ワンストップで様々な悩みを解決できるMTOグループは、新規開拓支援、セカンドライフを考えている方にとっては「資金面」「効率的」観点から見ても非常に強い味方です。

松尾社会保険労務士事務所は、「生涯現役起業支援助成金」を福岡県で受給、第1号です。

※この助成金は、現在「中途採用等支援助成金(生涯現役起業支援コース)」に変更されています。

事業を始める場合、書類等の作成、銀行の融資、届け出などの漏れ、就業規則などのチェックなど、様々な複雑な業務をこなしていかなければいけません。

1人(もしくは会社の経理部など)で全てを行うのは不可能と言ってもいいでしょう。

「顧問税理士は○○」「○○の書類はこの会社に頼もう」「××の件に関しては、知り合いのこの会社の紹介を」等にすれば、ただでさえ忙しい「初動の時期」に余計な時間を取られてしまいます。さらに、費用も別々の会社に頼むと割高になることがほとんどです。

ワンストップの強みをぜひ利用して下さい。MTOグループにおまかせください。

MTOグループの「3つ」の強み

  • 税務を中心に、社労業務や経営審査業務などをワンストップサービスでお客様に提供出来る(労使トラブル、助成金等に強い特定社会保険労務士も在籍)。必要に応じて、司法書士や弁護士の紹介も可能(ワンストップサービスとは、1つの場所で様々なサービスを提供出来る環境の事。)
  • 「MTO税理士法人」は「経営革新等認定支援機関」です。(銀行の融資などに関して有利になる可能性が高い。日本政策金融公庫‥国金、西日本シティ銀行、福岡銀行、田川信用金庫)
  • 資産税・法人税・所得税の専門税理士が3名在籍(税法は、その種類ごとに法律があるため、複雑で難解です。3名の税理士が、それぞれの専門分野からアドバイス。)(これらは複雑で、節税の部分で差が出やすい。)

新規開業に必要な書類、税務のこと、更には保険のこと、様々な問題をカバーして、お客様の開業支援をマネジメントします。

新規開業支援|MTO税理士法人


ワンストップの強みを利用して、会社設立に関すること、社会保険の加入手続き、開業資金融資の銀行との相談アドバイス、開業の助成金、市町村で展開している助成金についての情報やアドバイス、免許業種の申請、トラブルの可能性を極力少なくするための就業規則等、連結してマネジメントします

また、「個人経営→法人成」のタイミングなどについても、それぞれに合わせたアドバイスを提案します。

法人成になると様々な環境が変わってきますし、書類や税金、様々な規制もありますので、しっかりとプロのアドバイスを取りいれていくことをおすすめします。

節税の部分で「今のままの個人経営が良いのか?法人成にした方が良いのか?」などのアドバイスも行っていますし、法人成になったときのシミュレーションについても提案させていただいています。

また、開業の際は、時間に追われる為、しっかりと期限などを守る必要があります。

税務の関係書類、各種優遇措置等は、それぞれに「提出期限や締め切り」が存在します。その期限に書類を提出しなければ、優遇措置が受けられなくなることはもちろん、加算税、余計な税金等の罰金も支払わなければいけないケースもあります。

開業前、そして開業した後でも、そのようなロスのないように、しっかりとサポートさせていただきます。

定款の作成、認証、設立登記→「司法書士」をご紹介します


インターネット上の情報、書籍などで会社設立のための様々な書類作成について情報を仕入れることができますが、会社設立に関してはプロに相談することをおすすめします。

MTOグループではヒアリングを行い、司法書士を紹介させていただきます。

市販の書籍では、会社設立については一般的なことしか書かれていません。簡略的な記載、外してはいけないところ等はプロに聞かなければ分かりません。

経営者の環境、会社の業種、様々な状況を判断、加味して、最適な書類作成、定款の作成を行います。

定款は簡単に誰でもつくれますが、「定款で決めたことは必ず守らなければいけない」と言う責任も同時に出てくることを忘れてはいけません。

全てをワンストップで対応!それがMTOグループの強みです

いかがでしたか?

MTOグループのワンストップサービスの強みを感じていただきたいと思います。

MTOグループの「3つ」の強み

  • 税務を中心に、社労業務や経営審査業務などをワンストップサービスでお客様に提供出来る(労使トラブル、助成金等に強い特定社会保険労務士も在籍)。必要に応じて、司法書士や弁護士の紹介も可能(ワンストップサービスとは、1つの場所で様々なサービスを提供出来る環境の事。)
  • 「MTO税理士法人」は「経営革新等認定支援機関」です。(銀行の融資などに関して有利になる可能性が高い。日本政策金融公庫‥国金、西日本シティ銀行、福岡銀行、田川信用金庫)
  • 資産税・法人税・所得税の専門税理士が3名在籍(税法は、その種類ごとに法律があるため、複雑で難解です。3名の税理士が、それぞれの専門分野からアドバイス。)(これらは複雑で、節税の部分で差が出やすい。)

MTOグループは、お客様の様々な問題に対応できる「スタッフ」「ノウハウ」をご用意しています。

お客様の事業の発展が、私たちのMTOグループの発展と考えています。共に社会に貢献できる会社になれるように、お客様をトータルでマネジメントしていきたいと考えています。

税務をはじめ、様々な悩みがありましたら、遠慮なくお問い合わせください。